日常漫画妊婦編『世界一やさしき旦那』

こんちゃ!アサミヤです。

昨日妊婦検診に行き、お腹の子が何事もなくすくすく育っていることを確認し、祝いにかずちゃんが大好きな手巻き寿司を晩食にしたところ、思い切り吐いた次第です。

つわりがあるのはお腹の子が元気な証拠と申します。

 

しばらくブログやTwitterをやる気にならず、ただただつわりで死んで日々があったのですが、元々何かしていないと落ち着かない性分と言うのもあり、何もできない日々がただただ辛くてたまりませんでした。

訳もなく泣いては吐いて、吐いては泣いて。

そんなときにかずちゃんがかけてくれた言葉が身に染みたのです。

 

”培養“というワードはほっとくとして。

妻が妊娠という大仕事を今しているのだと、世の中の旦那よ、理解したまえ。

フェミニストではないので過剰に女性を擁護するわけではありませんが、妊娠してつわりを経験できるのは女性だけ。
その辛さを真に理解できなくとも、そっと労わる言葉をかけるだけでも楽になるものです。

ぜひ世の中の旦那よ、かずちゃんのオタ脳・・・いや、やさしき言葉を模倣しなされ。

 

タイトルとURLをコピーしました