日常漫画『サーフィン』

こんちゃ!アサミヤです。

わたくし、35歳になったばかりなのですが、この年でサーフィンデビュー致しました。

きっかけは今年徳島に引っ越したこと。
せっかく海が近くてきれいなんだし、マリンスポーツしたいわぁとほざいていたところ、お友達のあっこちゃんが連れて行ってくれることになりました。

海を見に行くことはあっても、海に入ること自体はなんと20数年ぶり。
久しぶりというだけでなく、年をとって怠けた体が海に揉まれて大丈夫なのかと心配はしていたのですが。

よくよく考えたらアサミヤ、小学校中学校高校とプールの時間がとてつもなく嫌いで、授業前日になると「世界よ、滅亡してくれ」と心の底から祈っていたのです。

(あれ、わたし水の中に潜るのすごく嫌いだった・・・。)

そう気付くも遅し、すでに約束の日は迫っていたのです。

 

約束の日の朝7時。

車で拾ってもらい、少し憂鬱な気持ちで海に向かうこと1時間。

そこにはガチな雰囲気のサーファーたちが、すでに波待ち状態。

オロオロオロと思いつつも、朝早いこともあって思考はストップ、教えられるがままサーフボードに腹ばいになり、波に向かっていくわたくし。

身長よりもずっと高い波に初めはビビりながらも、思い切り頭から波の中に埋もれることが不思議と快感になっていく。

(あっ、海きもちいいいぃぃぃ。)

(鹿児島と沖縄の血が混じったわたし、天性の海人だったんだわ)

そう意気がって何度も波乗りにトライアルするも、一度もまともには立てませんでした(一瞬だけ立てたけどね)。

海に浸かってた時間は1時間ちょっとだったろうか。

あっという間に疲れがたまり、砂浜に座り込んでダラダラとしゃべっているときが実は一番楽しかったかも。

(あっ、北野武の『あの夏、いちばん静かな海。』観たいわぁ。)

(てか、この状態がすでに『あの夏、いちばん静かな海。』じゃね?)

なんて思いながら、わたしの初サーフィンは終了。

 

一回目では立てないだろうなと思ってはいたけど、技術面よりも体力面で負けた気がしたので、35歳アサミヤ、ダイエットを兼ねて体鍛えます(なんか嘘っぽい)。

 

てなことで、漫画描いてまーす。

連れてってくれたあっこちゃん夫婦に感謝。